犯罪予測・分析システム(デスクトップ・モバイル)のフロントエンド開発/株式会社Singular Perturbations

株式会社Singular Perturbations

世界最高精度の犯罪予測アルゴリズム(独自開発)を強みとして、国内外の警察・情報機関向けの犯罪予測ソフトウェア”CRIME NABI”を開発している、計算犯罪学×数理(物理、統計、機械学習)×犯罪社会学の専門家集団です。

2018年度よりNICT(情報通信研究機構)委託研究に単独採択され、今年度は東京都でも、”CRIME NABI”を用いた地域防犯の実証実験(リアルタイムに収集したデータに基づき犯罪予測を用いて犯罪が起きやすいパトロールルートを決め、市民・自治体・警察がパトロール)を開始しています。

理論物理、空間統計などの分野の手法を犯罪予測に適用できるよう拡張した弊社の予測エンジンに含まれるアルゴリズムは、オリジナリティと性能を高く評価され、複数の受賞や社会実装の実績があります。”時空間解析”についての手法開発ノウハウを生かし、犯罪予測だけではなく、インフラ、鉄道、スマートシティ、金融業界のデータ分析も行っております。

≪案件のおすすめポイント≫

  • 世界最高精度の予測手法を含む独自のアルゴリズムに基づき、犯罪を予測するシステム”CRIME NABI” を提供
  • Google for Startups Acceleratorに採択、未来2020でAI部門最優秀賞を受賞するなど注目のスタートアップ
  • 政府や自治体と協力し、犯罪を予防するという社会的意義に貢献できる

≪解決したい課題≫

犯罪予測システム「CRIME NABI」のフロントエンド開発。
React (Redux)でデスクトップアプリケーション、ReactNativeによるモバイルアプリケーション開発。
どちらか一方だけ実装可能な方でも検討させて頂きます。

現在ユーザテスト中のβ版があり、フロントエンド開発を担当している人(インターン)が1名おります。
ベータ版のモバイルアプリ(ReactNative)、デスクトップアプリ(React, Redux, Electron)の安定化、パフォーマンス向上、機能追加をお願いしたいと思っています。

  • 想定している機能追加の例
    • モバイル:ユーザ行動データやマップの経路データ共有、コミュニケーション(チャット)機能、カメラ撮影とその投稿機能
    • デスクトップ:ユーザや行動ログの一元管理とその表示

≪参考記事≫

人が人に寄り添う社会にするために — 犯罪予測が描ける未来とは?

≪案件詳細≫

 項目  内容
 案件概要  犯罪予測・分析システム(デスクトップ・モバイル)のフロントエンド開発
 関わり方 フリーランス
 会社URL   https://www.singularps.com/
 必要な経験 React, Redux, React Native, TypeScript, Firebase, AWSの実務経験がある方
 時間単価  4,000円~
 就業場所  フルリモート
 オフィス  東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
 最低稼働日数 週5日(24時間以上)~
 稼働可能時間帯 土日どちらか1日以上を含む、週5日稼働を希望

▼応募にはLAPRASでの登録が必要です(以下からログインください)

≪応募時に必要なもの≫

  • LAPRASの公開URLが必須(LAPRAS Freelanceからの応募に必須)

※公開URL の取得方法はコチラ

※下記フォームにて申し込む際に記載ください。

≪ご留意事項≫

  • メールアドレスとURLが登録情報と一致しない場合、確認のご連絡を差し上げる場合がございます
  • フォームに入力いただいた情報は応募先企業に提供されます

≪応募フォーム≫

powered by Typeform